mizoro-の外遊び日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公休出勤

土曜日は、公休出勤でございました。

ひたすらTIG溶接です。


IMG_0510.jpg

左手

IMG_0511.jpg
右手

基本的に僕は、溶接が好きで仕事は楽しくやらせてもらってますし、その事に喜びも感じています。

しかし、昨今製造業は苦しい立場にあり、新興国との価格競争などにどの企業も苦しんでいるのではないでしょうか?

各企業コストダウンに躍起になり、賃金も思うように上がらないのが現実ではないかと思います。

基本、溶接の仕事は3K(きつい、危険、汚い)です。
そのうえ給料安いなんて誰もやりたがりませんよね?
そうなってくると人材の確保が問題になってくるはずです。
少子化も進む一方、建設業の職人さんも含め現場離れが進むのではないでしょうか?

ここで、技能の伝承とかが疎かになってくると思うんですよ。

あの人がいないからこの仕事は出来ないなんて事になりかねません。
マニュアルや数字では表せない、感覚やカンといった財産が埋もれてしまうかもしれないんです。

事務所でパソコン叩いてる人は、とにかく資料、数字がものを言う世界で仕事をしていると思います。
そりゃそうです。
僕ら、現場の人間みたいに感覚で物事を話してもお客さんや上司が納得するはずありません。

でも、数字だけで表せないモノもモノ作りの現場においては非常に重要になってきます。

電流、電圧を設定しただけで溶接はうまく出来ません。
スタートラインにたっているだけです。
良好な結果を得るためには、その過程が重要になってきます。
運棒の仕方なんてマニュアル通りやっても、実際見せてもらわないとうまく出来ない人がほとんどじゃないでしょうか?

その辺の事を無いがしろにしてる人がいるのも事実です。

「代わりはいくらでもいるんだよ」

実際こんな人もいると思います。

移民を受け入れるなんて話もありますが、そうなるとこの業界先行き怪しいですよ、ほんと。

そこそこの仕事は全部そっちに流れるだろうから。

時代の荒波に飲まれないよう、何か付加価値がないと生き残れないかもしれない。
考え続けないと危険ですね。
今さらながら思います。

mizoro-

スポンサーサイト

今日のお仕事

はーい、ご安全に!

mizoro-です。

今日はTIG溶接でボスを溶接しておりました。

こんな感じ。

IMG_0507.jpg

ちなみにこのビードは左手で溶接してますのでちょっと不揃い気味です。

とにかく数が多いので(1セットで1000個位?)あんま丁寧にやりすぎてもね………。

終わらないんです(゜∀゜)

夏ぐらいからほとんどこれやってます。
しかしTIGは右手だけしか使えないとかなりしんどいです。
片腕は溶加棒持ってるから、どうかしたとき体が変な体勢になりがちで次の日の朝が大変です(;´Д`)

半自動だとそこまで気にならないんですけどね。

このままではいかん!ということで両刀使い目指して特訓中であります!

だいぶ慣れてきましたがまだまだです。(たまにトーチがスライディングかまします。)

ん、明日ですか?

もちろん明日もひたすらこれですヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。